Concept - コンセプト -

Concept - コンセプト -

Organic × Functional

Esthetic Line

ヘアケア、ハーブティーで絶大な人気を誇る「シエラ・オーガニカ」から、待望の「エステティックライン」が誕生しました。

徹底的にオーガニックにこだわりながら、機能性を重視したラインナップは、
普段の施術に気軽に取り入れていただけるマッサージオイル、
マッサージクリームなど全8商品です。

オーガニックコスメというと「結果力に満足できないものが多い」という
エステティシャンからの声が多く聞こえてきました。
オーガニックと高機能成分のかけあわせによって、今までのオーガニック系製品のイメージを払拭できる
独自の製品を作り出すことができました。
オーガニックという自然(大地)の持つ力強さと
高機能理論を融合すること。ナチュラルで安心・安全であるということ。

これを、シエラ・オーガニカのエステティックラインで実現することに成功しました。

徹底的にオーガニックにこだわりながら、機能性を重視したラインナップは、
普段の施術に気軽に取り入れていただけるマッサージオイル、
マッサージクリームなど全8商品です。

オーガニックコスメというと「結果力に満足できないものが多い」という
エステティシャンからの声が多く聞こえてきました。
オーガニックと高機能成分のかけあわせによって、今までのオーガニック系製品のイメージを払拭できる
独自の製品を作り出すことができました。
オーガニックという自然(大地)の持つ力強さと
高機能理論を融合すること。ナチュラルで安心・安全であるということ。

これを、シエラ・オーガニカのエステティックラインで実現することに成功しました。

Certification - オーガニック認証 -

シエラ・オーガニカの全製品は、イタリアの権威あるオーガニック認証機関「AIAB」または「Vegan Quality」の認証を取得しています。

  • AIAB アイアブ
  • VeganQuality ヴィーガンクオリティー
  • HALAL ハラール

Fitocosmesi - 薬草学 -

700年の歴史を誇るイタリア薬草学「Fitocosmesi フィトコスメジ」

ローマ時代以前から世界各国でハーブ(薬草)は活用されていましたが、
中世から多くのカトリック系修道院が世界各国のハーブをイタリアに持ち帰り、
実践と研究を重ねて得た知恵を守り続けていました。
世界初の薬学(薬草学)が本格的に確立されたのは14世紀、
ローマ法王の大勅書により誕生したイタリアの大学群でした。
世界的に有名なボローニャ大学をはじめ、ピサ大学などが薬学編纂し始めた際に、
教会と修道院が持つハーブの知識が大変貢献したと言われています。
そのイタリア薬草学を基に作られた「シエラ・オーガニカ」は、中世14世紀より
700年以上にわたって研究され続けてきた「Fitocosmesi」の賜物なのです。

ローマ時代以前から世界各国でハーブ(薬草)は活用されていましたが、中世から多くのカトリック系修道院が世界各国のハーブをイタリアに持ち帰り、実践と研究を重ねて得た知恵を守り続けていました。
世界初の薬学(薬草学)が本格的に確立されたのは14世紀、ローマ法王の大勅書により誕生したイタリアの大学群でした。
世界的に有名なボローニャ大学をはじめ、ピサ大学などが薬学編纂し始めた際に、教会と修道院が持つハーブの知識が大変貢献したと言われています。
そのイタリア薬草学を基に作られた「シエラ・オーガニカ」は、中世14世紀より700年以上にわたって研究され続けてきた「Fitocosmesi」の賜物なのです。

12standards - 12の基準 -

リアルオーガニックブランドとしての12の基準

  • 全ての製品に対してオーガニック認証(*1)を取得しています。
  • 成分の95%以上を自然由来原料で構成しています。
  • 植物原料はオーガニックのものを使用しています。
  • 香料は可能な限り天然精油のみを使用しています。
  • 生分解性のある原料を使用しています。
  • 原料は可能な限りフェアトレードのものを使用しています。
  • 全ての製品で肌適合テストを実施しています。(*2)
  • 遺伝子組み換えされた原料は一切使用していません。
  • パラベン・合成着色料を一切使用していません。
  • 日本の美容師、エステティシャンの声を基にした製品開発を行います。
  • 開発・製造において動物実験を行っていません。
  • 開発費の一部は、発展途上国の井戸建設に充てられています。

*1)「ICEA」「ICEA VEGAN」「AIAB」または「VEGAN」認証のいずれか。
*2)全ての方に刺激がおきないというわけではありません。

Skin care

  • コンセプト
  • 製品紹介
  • エステティックメニュー

▲ページTOPへ