Herbal method - 薬草学 -

Herbal method - 薬草学 -

700年の歴史を誇るイタリア薬草学「Fitocosmesi フィトコスメジ」

「すべての道はローマに通ず」
この言葉が示す通り、古代ローマ時代とそれに続く中世キリスト教時代を通じた長い間、
イタリアはモノと知識が集結する世界の中心でした。

ローマ時代以前からエジプト、ヨーロッパ各地でハーブ(薬草)はすでに活用されていましたが、
中世から多くのカトリック系修道院が世界各地のハーブをイタリアへと持ち帰り、
実践と研究を重ねてその知識を守り続けていました。

世界で初めての薬学である薬草学を本格的に確立し始めたのもまた、ルネッサンス直前の14世紀、
ローマ法王の大勅書によって誕生したイタリアの大学群でした。
世界的に有名なボローニャ大学をはじめ、ピサ大学、フィレンツェ大学などが薬学を編纂しはじめた時、
教会と修道院が持つハーブの知識が大変貢献したと言われています。
また、フィレンツェに世界で初めての薬局が誕生したのもこの頃です。

「シエラ オーガニカ」はまさに、中世14世紀より700年以上にわたって研究を続けられてきた
「Fitocosmesi」の賜物なのです。

Hair care

  • コンセプト
  • 製品紹介
  • 薬草学
  • 認証
  • 12の基準
  • よくあるご質問

▲ページTOPへ